お預かり修理の続きです。 その①はこちら

接着できたクロスのはみ出た部分をカットし、摩擦を減らすための潤滑パウダーを塗布しコテ当てしました。
 

 

 

フロントピンがかなり回されており、錆も出ていて、クロスがどんどんすり減ってしまう原因となっていました。全て抜いて交換しました。
 

 

全て抜いた後、蒸気を当てて穴を狭めました。
 

新しいピンを入れていきました。バランスピンはサビがなかったので、磨いてツルツルにしました。
 

アクションは、ハンマー整形が必要な状況でした。
 

 

 

 

 

鍵盤をおさめ、バランスホールの調整等を行いましたが、最終的にはピアノへ戻してからの仕上げ調整となります。


【PR】山梨のピアノ調律・ピアノ修理はシミズピアノサービスにお任せください。
山梨県内出張費無料。1級ピアノ調律技能士です。http://www.piano-sps.com