先週末、調律のお見積もりへ伺った所、修理をした方が良いところがあり、ご提案させていただき、その場で鍵盤、鍵盤筬、アクションをお預かりしました。
img_5933

伺った際にお聴きしたお話で、お嬢さまが弾きたかったけれど、ピアノから小さな虫が出てきて怖くてお弾きになれないと。
すぐにピン!ときました。ピアノも衣類を食べるのと同じ虫(ヒメマルカツオブシムシ)による被害が出る事が多々あるからです。

ピアノを開け状態を確認すると、やはり虫害により鍵盤にガタも出ていました。
白鍵小口の反りも出ていて、ハンマーの弦溝もかなり深くなっていましたので、それぞれご説明し修理させていただく事になりました。

まずは虫に喰われた、バランス、フロントのブッシングクロスを剥がして貼り替えます。
 

 

蒸気をあてて剥がしたあとは、クサビを入れて一晩乾かしました。

翌日、接着剤残りなどをキレイに掃除し、ホールも隅々ブラッシングし虫の抜け殻などもキレイにしました。
 

 

 

 

 

鍵盤の小口の貼り替えも行いました。反ってしまい、過去に変色したものを塗装していた為か、ベタベタしてきていましたので、剥がして新しく貼りました。
 

 

その他、ハンマー整形や、錆の出ていたフロントピンの交換も行っていますが、ブログアップはまた明日にでも。。。


【PR】山梨のピアノ調律・ピアノ修理はシミズピアノサービスにお任せください。
山梨県内出張費無料。1級ピアノ調律技能士です。http://www.piano-sps.com