その①はこちら

内部のクリーニングをはじめました。内部、弦やフロントピンなどもキレイに磨いてピカピカ!ツルツル♪

img_4580 img_4581

鍵盤の奥にある木製のキャプスタンボタンの頭が黒々光っていて一見キレイでツルツルそうに見えましたが、触るとザラザラで抵抗を感じるほど。全て触り心地がツルツルになるように磨き上げました。

img_4582  img_4584

マクロ撮影。今一つピントが合っていませんが、左が磨いてツルツル。右はザラザラな状態。

img_4586 img_4587

アクション全てのネジ増締めや点検、ハンマーの整形も。

img_4593 img_4598

左、整形前 右、整形後

img_4594 img_4599

エアーで細部の埃も吹き飛ばし、摩擦部の抵抗を減らす作業や総点検を行いました。

img_4600 img_4601

img_4603 img_4604

ピアノに納め、これから調整を行います。外では、外装部のクリーニングもはじめました。

img_4607 img_4597

外装クリーニングはまだ少ししか進んでいませんので、また後日ブログにアップします。


【PR】山梨のピアノ調律・ピアノ修理はシミズピアノサービスにお任せください。
山梨県内出張費無料。1級ピアノ調律技能士です。http://www.piano-sps.com