数年調律をしていなくて、音が出にくかったり、鍵盤が戻りにくい所もあって・・・との事でお見積もりへ伺いました所、ヤマハピアノでよくある、バットスプリングコードという糸がほとんど切れ、スプリングが奥の部品にひっかかってしまった所が、鍵盤の戻りや音が出にくいという症状につながっておりました。

見積もりついでに、ピッチ上げでざっと調律と、鍵盤下の掃除等をしてからアクションをお預かりさせていただき、工房にて修理を行いました。

糸が劣化して茶色くなり切れています!

ハンマーについた弦溝はあまり深くはないけれどキレイに軽く整形します。
 

糸がきれ、はじかれたスプリングが、所々他の部品にひっかかり曲がっています。

糸を剥がし、新しい糸を貼ります。

ダンパー部の雑音防止クロスをあらたに作って入れました。
 

貼り終わりハンマーを戻します。細部の点検や、摩擦部分の滑りもよくして終了。
 

あとは、アクションをピアノへ戻してから、仕上げの調整をさせていただきます。


【PR】山梨のピアノ調律・ピアノ修理はシミズピアノサービスにお任せください。
山梨県内出張費無料。1級ピアノ調律技能士です。http://www.piano-sps.com