笛吹市Kさまのピアノ「ボディ編」です。
(このピアノは2016年8月に納品されています。)

「アクション編」の記事はこちらへどうぞ。

(前回公開した記事に足りなかった作業を追記しました)

 

img_5667さて、本体の修理です。
響板や駒、フレームも状態が良いので全弦張り替えとアグラフ交換、その他フェルト類の交換です。

まずは修理前の写真から。

設置場所の住宅環境は湿度が高め。特に冬の結露が原因で弦やチューニングピンはサビています。

フレームはシミが多いのですが、これは拭き掃除でなんとかなりそうです。

 

弦を外します。
img_5668 img_5671

チューニングピンを抜き、ピンブッシュも取り除きます。
img_5674 img_5675

錆びついたベアリングを研磨。弦の滑りを良くさせます。
img_5676 img_5680

img_5684 img_5686

写真はありませんが、この後フレームや響板などを綺麗にお掃除。
img_1673(掃除前の写真)

アリコートの表面の汚れも落としてピカピカに。
img_1707

新しいピンブッシュを打ち込んで穴あけ。
img_5687 img_5688

新しいアグラフを取り付けます。1つ1つネジの相性を見ながら現物合わせの作業で、なかなか時間が掛かります。
img_5689

古いフェルトやクロスも新調します。
img_1714これで張弦の準備が整いました。

張弦です。まずは芯線から(ドイツ・レスロー社)
img_5695

もちろんチューニングピンも新品。ドイツのディアマント。
img_5696

芯線が終わりました。巻線を張る前に中音部のリボンを入れて仕上げておきます。
img_5702
 img_5703

ピンの打ち込み。ウチではこれを使用しています
(爆音注意!!)

巻線(ヒロエピアノハウス・レスロー+デーゲン)も貼り終えて、リボンを。
img_5707 img_1791

巻口やチューニングピンの高さなどを揃えて張弦終了。
img_5709

今度はダンパー関連です。

アクション編で紹介したダンパーレバークッションの摩耗。
img_1722

ここに問題がありました。レバー裏側の接触部分の表面がザラザラに荒れています。
img_1719

細かいペーパーで整えます。
img_1726

ダンパーフェルトを貼替(貼っている最中の写真が見つかりませんでした・・・)
img_1774

これで「音」に関わる交換作業は完了です。
img_1792このあとは、交換した部品が馴染むまで
ひたすら調律と調整を繰り返します。

 

 

 

 

 

外装は基本的に良い状態なので、真鍮部分の研磨と鍵盤蓋・譜面台のバフ掛け。
img_5746 img_5747

img_5748 img_5749

img_5785 img_5786もちろんフェルトも貼り替えて新品に。

 

完成です!!
img_5787 img_5788
img_5789

納品後にお部屋の響きに合わせて最終整音をします。

笛吹市Kさま、お待たせいたしました!!


【PR】山梨のピアノ調律・ピアノ修理はシミズピアノサービスにお任せください。
山梨県内出張費無料。1級ピアノ調律技能士です。http://www.piano-sps.com