ずっとブログにアップしていませんでしたが、2ヶ月ほど前からお預かりしているSちゃんのピアノ、お家を建て替える間にお預かりしながら、カスタムメイドの修理&クリーニングを行う事になっております。
これまで他のピアノの修理を先に行っていたので、ようやくこれからこのピアノの作業に入ります。お家の方も基礎工事が始まったようですので、お家の完成までに仕上がるようにしたいと思います♪
お預かりから半年以上^^; 白状すると、このピアノは私が小学校1年生の時に買ってもらったピアノで、今後は姪っ子のSちゃんが弾くために、修理を行う事になっていたのですが、身内のものなので優先順位が遅れ、やっとやっとはじめましたface07まずは現況のチェックや、弦圧などの測定をします。寒暖の差が激しく結露しやすい部屋に置いてありましたので、除湿器があっても錆が出ていました。

全弦張替をするので、少しずつ緩めて外していきます。チューニングピンも全て新しくします。

錆びているベアリング部を研磨しました。

チューニングピンブッシュ(ピンブロックとも言う)を交換のため抜きます。

他、鍵盤関係もはじめています。外装は磨き終わりましたが、身内の物なので写真撮っていませんでしたicon10昨日、工房でこのピアノの修理をしながらFM-FUJIを聞いていました。
テーマが「記憶」だったので、このピアノの記憶が蘇り、メッセージを送ったらDJ森雄一さんに読んでもらえました。
そのメッセージですが・・・
小学校1年生の時に買ってもらったピアノ。
小3の頃、いつも通り帰宅してピアノを弾いたら
「あれ!?うちのピアノいつもと違う・・・すごい良くなってる〜」と
親に聞いたら、その日、調律師が来たとの事。
それから毎年、調律に来た時には、そばでじっと作業を見ていた記憶があります。
そんな調律師に憧れたけれど、その調律師には「女性には無理だよ」と言われましたが、その言葉に反発するように調律師になりました。
そして今、その記憶・・・というか、想い出のつまった私のピアノを、今度は姪っ子が使うためにオーバーホールしながらラジオを聞いています。みたいなメッセージを送り読んでいただいたのですが、森さんが「なぜ女性には無理って言ったんでしょうね?」と言ってました。我が家に来ていた調律師は、今はなき方なので、もうその真相を聞くことができません。
昔は技術職は男性の仕事と思われていたのでしょう・・・
調律師の仕事と一括りにしても色んな作業があり、体力が必要な作業は男性の方が向いていると言える事もあると思います。
でも、男女差よりも、個々の個性で向き不向きがあると思いますし、作業の内容によっても違うだろうとも思います。チューニングピンのトルクが揃うように、ピン穴をさらいチェックしてからピンブッシュを入れ、ピン穴をあけます。


張弦準備が整いました。
オリジナルのチューニングピンは7.0mmでした。
今回、7.1mmのチューニングピンを使用。弦はレスロー社(ドイツ製)の物を使用。


今日はここまで。明日も少しだけ時間が取れそうなので、残りの高音部を張る予定です。

お預かり中のピアノですが、鍵盤磨き&修理を2台分同時に行いました。
鍵盤上面や、側磨きなど(写真ではわかりにくいかもしれませんがicon10

鍵盤ブッシングクロス貼り替え

こういった道具を使い、張弦は終了しました。

前回の続き… チューニングピンストライカーで楽に打ち込みができます。


磨いたプレッシャーバーも取り付け、中・高音部は終了

低音部の巻線弦の張弦


最低音部の方は、弦を必要な長さに切る事自体も、太くて硬くて気合いが必要です!
片手ではとても切れません。

ちなみに、市販の「ピアノ線」と呼ばれるものと、実際のピアノの弦は素材も異なり、ミュージックワイヤーと呼んでいるピアノの弦は扱いが難しいですbikkuri

 

すでに納品しましたが、修理の模様を振り返るために簡単に写真アップします。鍵盤をおさめる筬をおさめて、キーバックレールクロスの貼り替え、バランス、フロントピンを入れました。

新しくなったピンですから、バランスホールの汚れもキレイに落としてから鍵盤を入れます。
高さや、傾きや、隙間のバランスをならしていきます。


アクション部も修理します

ハンマー交換をする予定でしたが、納めたい日程までに時間が作れず、納めた後でも、いつでもできるので、今回はハンマー整形でしばらく見守りたい所です。

バットスプリングコードの貼替え、雑音防止などをし、アクション組み立て。

アクションをのせ、整調、調律(弦が新しくすぐ狂うので何度も)、整音を行い、無事に新築祝いの日に納品できましたface01


まだ4歳のSちゃんが安定して弾ける様に、足台を作ってあげました。材料はこの家を建てている時に出た端材を利用しました。


【PR】山梨のピアノ調律・ピアノ修理はシミズピアノサービスにお任せください。
山梨県内出張費無料。1級ピアノ調律技能士です。http://www.piano-sps.com